社会貢献活動

  • HOME »
  • 社会貢献活動

どうぶつの幸せを第一に

ペット学科ではどうぶつと暮らす上で目を逸らすことの出来ない課題や問題に対し、授業の他に社会貢献活動を通して学生たちと向き合っていきます。このページで学生たちの活動をいつくかご紹介します。

 

絆プロジェクト 盲導犬協会シャンプー
動物愛護フェスティバル わんわん運動会
北大祭 YOSAKOIソーラン

 

絆プロジェクト 

一頭でも多くのワンコがしあわせな一生を送れるように、と 「どうぶつと人の絆」をつなぐ活動を吉住副校長の「テイネドッグスクール」と協同で実施。「命の大切さを感じ、考え、行動するプロジェクト」。

 

ワンコを保護

学生チームによるサポート

しつけ
トレーニング

ワンコが幸せに生活していけるよう一般家庭で必要な「しつけ・マナー」を教えます。

健康管理

検便・検尿など身体検査をし、ワンコの健康管理をします。

トリミング

皮膚や体をチェックし、その子に合ったお手入れをします。

新しい家族と生活できる子に育てる

イベントに参加して飼い主さんを探す

今まで自分たちが一生懸命にドッグトレーニングしてきたワンコ達の新しい家族を見つけるため、看板を持って声を掛けに行ったり、来てくれた人に説明をしたりします。

新しい飼い主さんへ

新しい飼い主さんのもとで暮らす卒業犬たち
絆プロジェクト その後の卒業犬たち・・・・

学生の参加するイベントに遊びに来てくれた卒業犬たち。出会っていなければ、命を失っていたかもしれないこの子たち。ワンコたちの笑顔を見て、命を救えたということを実感して、嬉しく思います。少しでも、飼育放棄・罪のない命が殺処分によって奪われるのが、減りますように。【ペット学科教員 山本昌】

※受け入れるワンコ、引き渡し先については管理先であるテイネドッグスクールまでお問い合わせ願います。

 

盲導犬協会シャンプー実習

毎月2回~3回、実習授業として実施

トリマー専攻では授業の一環として、毎月「北海道盲導犬協会」様にご協力いただき、盲導犬のシャンプーをさせていただいてます。大型犬の保定の方法や環境・設備の違う場所での授業からいろんな事を学んでいます。

 

生徒の想いから始まった募金活動を学園祭で行っています。

2011年から始まった「シャンプー実習」。いつも授業でお世話になっている盲導犬や盲導犬協会様に自分たちができるコトはないか・・・という学生の想いから、毎年、学園祭でのすべての売上金と募金箱の募金を寄付させていただいてます。

北海道盲導犬協会様から、感謝状をいただいたり、フリーペーパーでご紹介いただいたりしています。

 

動物愛護フェスティバル

2014.9.21 in えべつ

トリマー専攻1年生は、2年生の頼もしい助っ人の下、普段の授業の成果を実際のお客様をお相手に「爪切り・足裏バリカン・耳掃除・肛門腺絞り・リボン付(学生手作り)」で参加させていただきました!

2014.9.23 in ばんけいスキー場

総合ペット専攻2年生は、フリスビーデモンストレーションのパフォーマンスで参加させていただき、学生指導の下、お子様限定でフリスビー体験もしていただきました!

 

わんわん運動会

総合ペット専攻1年生は運営をすべて任され、2年生は里親募集と、パートナー犬とのふれあいイベント、競技のデモンストレーションを行いました!

 

北大祭

北海道大学獣医学部にお声掛けいただき、獣医学部の皆さんと本校の在校生で、里親募集「絆プロジェクト」を行いました!2014年度は、3頭が新しい家族と出会う事ができました。

 

YOSAKOIソーラン祭り

2014.6.8
総合ペット専攻2年生がパートナー犬と一緒にYOSAKOIソーラン祭りの特設ステージにて集団ドッグトレーニングのパフォーマンスを行ないました!

head-o head-p sns-twitter  sns-fb  sns-youtube  sns-instagram  sns-vine  sns-line  icon-map

職業実践専門課程について 職業実践専門課程サイトへ

PAGETOP