卒業生の活躍

ドッグサロン ラムベリー/トリマー

自分のお店を開業!オシャレを極めた店にしたい。

三好大貴さん(美唄高校出身 2012年卒)

コメントはこちらへ

卒業後はトリミングショップへ就職。そして、2015年に地元でトリミングサロンを開業することができました。

札幌スクールオブビジネスはいろんな犬種のトリミングができるところが魅力!どれくらいトリミングしたのか…数え切れません(笑)在校中からたくさんの犬種をトリミングできたことが自信に繋がっています。

また、授業での接遇マナーも役立っています。トリミングも大切ですが、飼い主様とのコミュニケーションもとても大切。今の接客にも活かされています。

お店の名前『ラムベリー』は、一番最初に飼った犬の名前が『ラム』、そして初めて勤めたお店『ベリージョブ』からとっています。ベリージョブさんにも大変お世話になり、つながりを大切にしていきたいという思い込められています。

今後はカラーリング、パックなどトリミングだけじゃなく、美容面も意識したいですね。東京に負けない技術、地方でもオシャレなことをしていきたい、オシャレを極めた店にしたいです。トリミングがなくても、親しみをもって誰も出来てもらえるようなお店づくりを心がけていきます。

後輩のみなさんへ
やりたいことはやったほうがいい。迷っているならまずやってみて、「違うな」と思ったら方向転換すればいいんです。やらないで後悔するよりずっといい。中途半端じゃなく、最後まで諦めずに夢に向かってください。

 

line-g

 

シッスルドッグスクール/ドッグトレーナー

学校で学んだこと1つ1つに意味があることを実感。

高橋美優さん(千歳北陽高校出身 2015年卒)

コメントはこちらへ

学校での思い出といえば、やっぱりアジリティ!大会を目標に友人たちとがむしゃらに練習しました。山本先生との練習はすごく楽しかったです。楽しかったことだけではなく根性も鍛えられました。

授業ではトリミングの授業が役に立っています。他の実習生はみんなスタンドドライヤーしか使ったことない人が多く、ハンドドライヤーを使えない人が多かったんですよ。ショップや訓練所ではハンドドライヤーが使われているので、この技術はすごい役に立っています。訓練所では、ドッグトレーニングの事は教えてくれても、グルーミングの事は教えてくれないので本当によかったです。

もちろん訓練の授業もです。基本となることを学び、さらに訓練所でレベルアップしたことを学んで仕事に活かしています。どんな授業も、学生のころは大事だとは気づかなかったですけど、働いてみたら、学んだこと1つ1つが意味のあることを感じました。

今のお仕事はトレーニングよりは、飼育管理がメインですね、他にはナーサリー(犬の幼稚園)で預かったワンちゃんをお散歩したり、簡単なトレーニングをしています。教わることが多くて、まだまだこれからですが目標は犬に信頼されるドッグトレーナーになりたいですね。

後輩のみなさんへ
札幌スクールオブビジネスはすごく楽しいです、担当犬たちも可愛いですし、先生たちもとても優しくたくさんの事を教えてくれます。授業では犬舎掃除がとても大事と気づきました、普段から学校で行っていたんですが、インターンシップに行ったり、働いてすごく気づきました、この学校でしか学べないことですので、犬舎掃除がある学校って働くときにとても有利だと思いました。

 

line-g

 

Dog Salon Cloud9/トリマー

宮城でトリミングのお店をオープン!

上手沙織さん(羽幌高校出身 2008年卒)

コメントはこちらへ

トリマーを目指すきっかけになったのは、マンガの付録に付いていた、色々な職業のイラストが描かれたトランプでした。その中の1枚にトリマーという職業を見つけ、元々動物が好きだった事と、母が美容師だったので惹かれたのだと思います。小学生の時からずっと将来の夢はトリマーさんでした。

トリマーさんは思っていたよりも肉体労働だと感じます。立ち仕事や、体をかがめたり、大型犬を持つ時などは腰を痛めない様に気をつけています。仕事のやりがいは飼い主さんに喜んでもらえる事!そして何より、トリミングが終わった後のわんちゃん達のはしゃぐ姿が可愛すぎて!みんなの笑顔に幸せを感じます^_^

後輩のみなさんへ
ペット業界のどの職種でも、生きている動物達と関わる仕事は大変な事も多いですが、その分やりがいもあり、日々動物達に癒されています。夢に向かって頑張って下さい(*^^*)

 

line-g

 

パッピーナようちえん/ドッグトレーナー

たくさんのワンちゃんと接することで経験値を積んでいます。

工藤茉也加さん(札幌東商業高校出身 2014年卒)

コメントはこちらへ

東京に来て2年目。今は仕事はトレーニングがメインです。日にもよりますが大体1日担当するのが7頭ぐらいですが、他のワンちゃんとも絡んでトレーニングを行ったりもするのでトータルで約20頭くらい行っています。

ワンちゃんたちが3か月で卒園するので、担当のワンちゃんをプログラムを組みトレーニングして卒園してまた新しいワンちゃんが入園してきて、という流れになっています。卒園してからもたくさんのわんちゃんが来てくれますよ、いまだにお客様から先生って言われるのは照れますけど(笑)。

沢山のワンちゃんと接していくのでトレーニングの経験値はすごく付きますね。札幌にいたときは気づかなかったですけど、飼い主の考え方がすごく違いますね。東京はワンちゃんを守るためにしっかりとトレーニングに通わせることが当たり前なんです。周りに迷惑をかけないようにしていくためにも、ワンちゃんを守るためにもしっかりとトレーニングをして飼育するという考えに驚きました。

働く内容としては、トレーニングだけではなく、預かっているワンちゃんの体調管理をしたり、お散歩などで汚れたわんちゃんをグルーミングをしたりと、トレーナーだからトレーニングだけをやるのではなく、幅広い仕事をやります。総合ペット専攻でいろいろ学べたことが良かったですね。

将来的には北海道に戻って、幼稚園か訪問トレーナーを目指したいです。

後輩のみなさんへ
トレーナーを目指すなら活動場所、就職先を広げたほうがいいと思います。知り合いでも北海道に自分の働きたいようなところがなかったら、違う道に進んだ人もいましたけどそこだけではなく、もっと視野を広げて探すと自分に合ったところが見つかり後悔しないと思いますので、怖がらないで色々挑戦してもらえればと思いますね。

 

line-g

 

福ろうカフェ/オーナー

札幌初のフクロウカフェを2015年にオープン。

日下部未来さん(北広島西高校出身 1999年卒)

コメントはこちらへ

卒業後、民間の動物園で勤務。一旦動物の仕事を離れたが、動物園で担当した猛禽類の魅力が忘れられず、2015年、大小様々な猛禽類を見ることができるカフェをオープンしました。札幌スクールオブビジネスは学内犬がいるので、学校で犬の飼育を通じて観察力が磨かれました。犬もフクロウも話すことはできませんから。養った観察力が今に活きています。

フクロウは「福が来る」など、縁起物として愛されています。フクロウが好き、でもフクロウを知らない。間近で見て、フクロウを理解していただけるきっかけになったら嬉しいです。いつか犬・猫みたいにフクロウも流通したらいいな~とも思います。今後、みんなで語り合えるコミュニティーの場として、幸せになってもらえるカフェにしていきたいです。

後輩のみなさんへ
同じ時間は二度とやってきません。一分一秒を大事に、しっかり考えて学んで欲しいです。やらない後悔よりやって後悔するほうがいいと思うので!

 

line-g

 

旭山動物園 飼育展示係

学校の見学ツアーで見つけた旭山動物園で働くという夢。

obog-asahiyama

南翔悟さん(札幌篠路高校出身 2010年卒)

コメントはこちらへ

2年生の夏、授業の一環で旭山動物園を訪れました。そこで「動物たちと一緒に大切な何かを伝えていきたい」という園の姿勢に感動。求人が出ていたので、すぐ応募しました。先生は私に旭山動物園の資料を貸してくださり、履歴書の添削や面接の練習に付き合ってくださいました。おかげで無事に就職し、現在は園内のこども牧場を担当しています。働く皆で「動物の温かさ、毛触り、そして命があること」をこども達に伝える毎日です。

後輩のみなさんへ
この学校はやる気のある生徒には、親身になってくれる先生ばかりですよ。

 

line-g

 

ペットハウス テン・テン トリマー

学校で学んだ実技や獣医学が今、お客様と犬の役に立っています。

obog-tenten

山田奈々さん(札幌拓北高校出身 2011年卒)

ここをクリック

この学校では週に何度も実技があり、トリミングの基礎を徹底して身につけることができます。たくさんの犬種を扱うので、それぞれに異なる特徴や性格もしっかりと学べました。またトリマーは犬を触るなか、皮膚炎やしこりなどの異変にいち早く気がつき、お客様からお礼を言われることもしばしば。それらの知識は学校で学んだ獣医学のおかげです。少しでもお客様や犬達の役に立っていることが、今の私のやりがいにつながっています。

後輩のみなさんへ
実技が多く、たくさんの犬種とふれ合えるのは、この学校ならではですよ!

 

line-g

 

中馬動物病院 動物看護師

学内犬制度で学んだことが、今の仕事に活かされています。

obog-chuma

柏崎青梅さん(青森県立木造高校出身 2013年卒)

コメントはこちらへ

昔から動物が好きで、最初は飼育員になりたいと思っていたのですが、次第に病気などで苦しんでいる動物を助ける側になりたいと思うようになり、動物看護師の道を選びました。好きではあったけれど犬を飼ったことのない私にとって、学内犬制度は最適でした。犬との接し方をはじめ、さまざまな犬種の保定の仕方を学べたり、犬舎の掃除法や犬の健康状態をチェックする方法など、学校で学んだすべてが今の仕事に活かされています。

後輩のみなさんへ
他学科や他校の学生と交流できるのも、この学校ならではの魅力です。

 

line-g

 

ドッグストック 店長代理

トレーニングから獣医学まで、あらゆる授業が役に立っています。

obog-dogstock

福田 紗也加さん(滝川西高校出身 2010年卒)

コメントはこちらへ

私は今、ドッグランやペットホテルを備えた職場で多くの犬と触れ合っていますが、学校で学んだことはとても役に立っています。たとえばトレーニングの授業では、犬のしつけ方からドッグスポーツまで教わりましたが、それらは今も犬達と実践しています。また獣医学では犬の病気や骨格について学んだので、犬の異変に早く気づけて飼い主へ伝えたことも何度もありました。勉強以外でも友人や先生に恵まれ、楽しすぎる学校生活でした。

後輩のみなさんへ
動物好きの友達がたくさんできます。都心だから放課後も楽しく過ごせますよ。

 

head-o head-p sns-twitter  sns-fb  sns-youtube  sns-instagram  sns-vine  sns-line  icon-map

職業実践専門課程について 職業実践専門課程サイトへ

PAGETOP